【体験談】自己流スクワットで足に悲劇!注意すべきポイントとは?

スクワットの女性 筋トレ
スポンサーリンク

やると決めたら突き進むサンゴ(@sango6118)です。筋トレといればスクワット。サンゴも例にもれず、産後スクワットに励みました。

たくさん外出できない分、家で筋トレすれば少しはダイエット効果があるのではないか?そんな期待を胸に、毎日スクワットを頑張る日々。

しかし!!そんなサンゴに悲劇が・・・

・ある日突然、足に激痛
・痛くて歩くのが苦痛になった
・日に日に痛みが強くなる

結論…自己流スクワットは間違えると危険!!

なぜそんなことになったのか、お話したいと思います。

間違った方法で自己流スクワットを続けた悲劇

サンゴは自分が正しい方法でスクワットをしていると信じていたので、毎日疑うこともなくスクワットを続けていました。

すると突然、足に猛烈な痛み。膝から足首にかけて、しびれのような痛みです。

始めは筋肉痛かな?と様子を見ていたのですが、痛みがだんだん強くなり、神経痛のようなしびれが続き、さずがに心配になって整形外科へ行きました。

レントゲンを撮り丁寧な診察を受けましたが確かな診断は得られず、湿布薬だけもらって帰りました。

もちろんスクワットはやめました。

湿布薬を使い安静にしているうちにいつの間にか痛みは引き、2週間くらい経つとすっかり良くなりました。

スクワット以外で体に負荷を与えていた記憶はなく、間違いなくスクワットに原因があると思いました。

ただ、ここで言いたいのはスクワット自体がダメだということではなく、間違った方法でスクワットをしてしまったことが足の痛みを生んだ原因ではないかということです。

では、自己流スクワットで体にどんなダメージがあるのかお話していきます。

自己流スクワットは膝に注意!

膝の痛み

テレビで見た簡単にできるスクワット法について、これなら自分にもできる!と、さっそくスクワットを毎日始めたサンゴ。

自己流スクワットの危険はまずここにありました。テレビや本で見たで通りにできているのなら問題ありませんが、そばにトレーナーがついているわけではないので始めたスクワットの足や膝の角度、姿勢が本当に合っているのかわかりません。

自己流で続けているうちに膝を痛めてしまうことも!膝を痛める原因は、前のめりにスクワットをしてしまうことが理由です。

体の重心が前にくると、体の体重を膝で受け止めてしまうことにつながります。この状態で膝を伸ばしたり曲げたり、屈伸することになるので、膝に大きな負荷がかかります。

スクワットをするときは体の重心に気を配り、膝から曲げて行うのではなく股関節を曲げることで膝に負荷がかからないようにしましょう!

さらに、膝の角度にも注意!膝が体の線に対し外側へ傾いていたり内側へ傾いていたりすることも膝に負担です。体の線と平行してまっすぐスクワットをすることが大切です。

・膝から曲げてスクワットをしない
・スクワットをするときは股関節から曲げる
・膝の角度に注意する
サンゴ
サンゴ

ちょっとしたポイントだけど、とても大事ナリ!

自己流スクワットは腰を痛めることも

腰の痛み

膝の他、腰に悪影響がある場合も…間違ったスクワットにメリットはゼロです!やはり間違ったフォームでスクワットをしてしまうと腰に大きな負担がかかります。

腰の角度が少し前気味や、後ろ気味だと姿勢が安定せず、重心がフラフラしてうまくスクワット出来ません。

無理してスクワットしようものならギックリ腰になってしまう危険性も。痩せるため、健康になるために取り組んだ運動が体を痛めてしまうことになるなら元も子もないですよね。

腰に負担をかけないポイントは骨盤の安定です。「骨盤をまっすぐ安定させること」を意識することが大切です。

体が左右に傾いていないか、上下運動でブレがないかを感じ、自己チェックする。サンゴは足を痛めてから後は、全身が映る鏡の前で常にフォームをチェックするようにしました。

一人で正しいスクワットができる方法もあるよ!

スクワットを考えているのであれば、正しいスクワットの仕方を教え、フォームのチェックをしてくれるトレーナーの元で行うのがベストです。

ただ、忙しくてトレーナーに見てもらうことはできないよ!ジムに行く時間もないし、好きなときにスクワットしたい、という人もいるでしょう。

そういうときはスクワットをサポートしてくれる便利グッズに頼るのも一つの方法。

サンゴは一人で黙々とトレーニングをするのが好きなので、初心者でもスクワットをサポートしてくれるアイテムを使うことにしました。

レビュー記事はこちら

自己流スクワット体験談のまとめ

スクワットの女性

以上、自己流スクワットの体験についてお話しました。せっかく一生懸命取り組んだのに、膝や腰が痛くなってとても続けられないというのはスクワットの問題ではなく、間違ったフォームでスクワットをやり続けることが問題なんですね。

正しいスクワットができれば下半身に筋力がつき、引き締まって足やせ効果も期待することができます。

正しいスクワット=ダイエット効果大!!

せっかく頑張る筋トレだから、美しいフォームでスクワットしましょう!

ではまたサンゴ〜!